Loading

ブログ

よい偶然を計画的に設計する

 

プランドハプンスタンス理論
アメリカの心理学者でスタンフォード大学教授のクランボルツ博士が提唱した
① キャリアは偶然の出来事に最善を尽くすことの積み重ねで形成される
② 学習し/継続し/楽観であり/柔軟であり/チャレンジすることが望ましい偶然を引き寄せる
というキャリア理論、プランドハプンスタンス(計画された偶発性)理論は広く賛同・共感を得ている考えです。

「個人のキャリアの8割は予想しない偶発的なことによって決定されている」
その偶然を計画的に設計して、自分のキャリアを良いものにしていこうという考え方です。
私もその通りだと考えます。

よい偶然を計画的に設計する
人生は良くも悪くも計画通りにはいきません。努力が報われないときもあります。周りに助けられて想定以上にうまくいくときもあります。様々な偶然の出来事、予期せぬ出来事が追い風になり、向かい風になるのが人生です。
しかし、偶然と言えども、その人に起こったことというのは、その人の普段の判断・選択・行動が引き寄せたものが多く見られます。その偶然によってその人がどんな影響を受けたかは、さらに、その人の普段の判断・選択・行動が左右しています。
好機・順境が驕りや慢心を招きよくない結果に向かっていくことがあれば、危機・逆境が人や組織を強くしてよい結果に向かっていくこともみられます。

起きる偶然は自分でコントロールできません。
しかし、偶然を引き寄せる、偶然が自分の人生に与える影響を左右する、普段の判断・選択・行動は自分でコントロールできます。

新しい仕事のオファーが来るかどうかはコントロールできません。
だから準備をしないのか、それでも来たときに備えて準備をしておくのかは自分の選択です。

雨が降るかどうかはコントロールできません。
傘を準備するかしないかで雨の影響はコントロールできます。

努力がすぐに報われるかどうかはコントロールできません。
報われたときに自分の力だと言うのか、周りのお蔭だと言うのか、報われなかったときに他人のせいにするのか、自分に原因を探すのかで、努力から得るものはコントロールできます。

キャリアに影響を与える偶然の多くは他人からもたらされます。こちらからは偶然でも相手からは必然です。他人はあなたの普段の(判断・選択・行動)と(価値観-知識-技能)を見て、機会を与える相手を選択するからです。
普段の(判断・選択・行動)をコントロールして、(価値観-知識-技能)を身につけようとしていることが、偶然を計画的に設計することになります。
相互依存の「あり方」「関わり方」が、よい偶然を計画的に設計することになります。

菓 英一(Eiichi Konomi)


相互依存
相互依存とは
社会で活躍している人を観察する
頑張って成し遂げた経験を思い出す
相互依存でない成功者を探すことは難しい

社会での活躍を阻害しているもの
成功から遠いところにいる人を観察する
愛する人を心配するし、必要な人には多く与える
ライフスタイルは変えられる
努力が報われた経験
壁にぶつかった経験
社会では全員が活躍できる
プランドハプンスタンス理論
よい偶然を計画的に設計する


【積極的相互依存】講座

関連記事

  1. 目的論
  2. ⑦年次、月次、週次、日次、日々心掛けること、に仕分けする
  3. 共依存
  4. KASHの法則
  5. ④具体的に何をするかを 考える・書く
  6. 他人を変えることはできない
  7. 依存
  8. 成功するための努力の順番

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP