Loading

ブログ

人材育成と人材開発の違い

人材育成と人材開発の違い

デジタル大辞泉から引用しますと

・育成 ・・・育て上げること。育ててりっぱにすること。
・育てる・・・手間をかけて養い成長させる。養育する。
・成長 ・・・人や動植物が育って大きくなること
「育成」は養い、立派にすること、大きくすること

・開発 ・・・新しい技術や製品を実用化すること。知恵や能力などを導きだし、活用させること。
・実用 ・・・実際に用いること。日常生活などの場で実際に役に立つこと。
・活用 ・・・物や人の機能・能力を十分に生かして用いること。効果的に利用すること。
「開発」は実際に用いること、役立てること、利用すること

「育成」と「開発」の違いがわかりやすくなりました。

人材育成とは
・その人の今に責任を負いながら、将来自分から離れた後も幸せな人生を送れるように導くこと
・必要なことを新しく身につけさせること
・必要なことが身につくような環境を整えること
・家庭や会社の役割
・数年かけて行うもの

人材開発とは
・その人の今ある課題の解決に向けて、考え方、知識、技能を訓練すること
すでにある力を発揮することで課題を解決させること
・先生、コーチ、上司など、課題を共有し、解決策をもっている人の役割
・育成より短い期間

人材育成と人材開発は両輪
成長に合わせて環境が与えられることとその環境の中で課題を解決し乗り越えることで人は成長します。

人材開発は人材育成の一部
今ある力を用いること、役立てること、活かすことが、成長につながります。

人材開発と人材育成は役割分担すると効果的
その人の成長に合わせた環境を与える人とその環境での課題解決や能力発揮を促す人は同じでない方がよい。前者が育成担当で両親、後者が開発担当で担任の先生・クラブの先生・塾の先生・ピアノの先生みたいなイメージです。
私の経験では、多くの場合子どもや部下は親や上司に育成と開発を兼任されると逃げ場を失っています。

人材開発コンサルティング及び研修を通じて企業の人材育成をサポートします。

(Eiichi Konomi)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
積極的相互依存

関連記事

  1. ⑨-3 意識的なコントロールの非力さ ~認知心理学 Ⅱ
  2. ⑤マンダラート
  3. ⑦年次、月次、週次、日次、日々心掛けること、に仕分けする
  4. 孤立
  5. 相手から教わる
  6. 共依存
  7. ➁ 役割に理念を 対象にビジョンを
  8. コントロールしようとしない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP