Loading

ブログ

原因論か 目的論か

おはようございます。

原因論 目的論
どちらに立つかで人材育成の見方は大きく変わります。

原因論に立つと
できる人は勝手にできる
できない人はいくら教えてもできない

目的論に立つと
どんな人もできるようになる

人は目的・目標のために行動します。
判断・選択・行動の基準はその人のありたい姿、夢・理念・価値観・目的・目標・ビジョンです。
人は自分の夢・理念・価値観・目的・目標・ビジョンのベクトルに沿った判断・選択・行動をします。
ベクトルに沿っていない判断・選択・行動を避けます。
人は未来志向です。

一方、その人のありたい姿、夢・理念・価値観・目的・目標・ビジョンは、育った家庭環境、影響を与えた周りの人たちや読んだ本、成功体験、取り組んできたこと、乗り越えてきたことから作られています。
価値観は過去でできています。
代償を払っても手に入れたいと強く望んでいるものは、多くの場合時間をかけてつくられている。

だから
判断・選択・行動は一定のパターンに習慣化し、強化されます。
いつも成績のよい人と
いつも成績のよくない人に
二極化します。

ただし
過去の延長線上の未来が望む姿ではないと感じたとき
過去の延長線上ではない新しい未来を望むこと
その未来を手に入れるために新しい価値観を受け入れること
新しい価値観に基づいた新しいルーティンを毎日継続すること
新しい判断・選択・行動を習慣にすること
それが人間にはできます。

過去の延長線上の未来が望む姿ではないと感じたとき
「変わりたいな」と感じたとき
・あらためて相互依存の価値観を受け入れ
・自己管理の継続によってセルフマネジメント習慣を身につけ
・人間関係構築の継続によってグッドコミュニケーション習慣を身につけると
・過去の延長線上ではない新しい未来が開ける
と私は考えています。

菓 英一(Eiichi Konomi)
ーーーー――――――――――――ーー――――ーー
私たちが人材開発において最も大切にしていることが【積極的相互依存】の価値観です。

関連記事

  1. KASHの法則
  2. いつも成績のよくない人
  3. 共依存
  4. 助けを借りる
  5. 自己理解
  6. ③どうあることが望ましいか 考える・書く
  7. ⑨翌日の計画を立てる
  8. 内省の時間

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP