Loading

ブログ

他人を変えることはできない

おはようございまず。

人は望む未来が本当に変われば
価値観を変えることも
習慣を変えることも
間違いなくできるはずです。

親であれば子どもを
上司であれば部下を
よい方向に導いてあげたいと当然思うでしょう。

しかし
自分の望む未来を受け入れさせる。
そのための価値観を受け入れさせる。
その価値観に合った行動をさせる。
新しい習慣を受け入れさせる。
相手を変えようとしてもうまくいきません。

たとえそれが本人のためによかれと思ってのことでも
押し付けると失敗します。

私がそうでした。
私はこの10年、マネージャーとして部下の育成を通じて骨身に染みて学びました。
営業としてたくさんのご家庭の親子関係からも学びました。

・1:1.6:1.6の二乗の法則
・やらないときは放っておく やったらすかさず褒める
の通りで
説得されて嫌々していると
たとえ真面目に取り組んだとしても作業効率が悪く
良い成果にはなかなかつながりません。
押しつけられて不愉快なうえに、努力に見合う成果が出ない。
長続きはしません。
よかれと思って言うのですが
言われてしても上手くいかない。
上手くいかないからまた指図をする。
負のスパイラルです。
自ら変化を求めて行動する人とは雲泥の差になります。

菓 英一(Eiichi Konomi)
ーーーー――――――――――――ーー――――ーー
私たちが人材開発において最も大切にしていることが【積極的相互依存】の価値観です。

関連記事

  1. ④具体的に何をするかを 考える・書く
  2. 子どもの課題に手を差し伸べる親
  3. ⑧翌週の計画を立てる
  4. 相手の自己重要感を満たそうとする
  5. ⑥バーチカルタイプの手帳を準備する
  6. 目的論
  7. いつも成績のよい人
  8. よい偶然を計画的に設計する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP