Loading

ブログ

部下の課題に手を差し伸べる上司

部下の課題に手を差し伸べる上司

どこまでが部下が自身で解決しないといけない部下の課題で
どこからが上司が支援しないといけない上司の課題なのか
いつも自問自答が必要です。

「魚を与えるのではなく 魚の釣り方を教える」
というあれです。

私がいた営業の世界でも
自分の契約を困っている部下につけてあげる情に厚い上司はいます。
契約をつけてもらった部下で残っている者はいません。
それが現実です。

それが本当に部下のことを思ってなのか
感謝されたくてなのか
部下の成績が悪いと自分が困るからなのか
上司として責任を感じてなのか
理由は関係ありません。
一つ魚を与えられたら、一つ能力向上の機会を失います。
一つ魚を与えられたら、一つ自立心を失います。

わたしもわかっていながら
困っている部下を放っておけず
契約をつけてあげたことはあります。

結果は原則の通りです。

困っている者に魚を与えたら感謝はしてくれます。
困っている者に魚を与えたら、本当はそこから力を発揮するはずだった機会を奪います。

菓 英一(Eiichi Konomi)
ーーーー――――――――――――ーー――――ーー
私たちが人材開発において最も大切にしていることが【積極的相互依存】の価値観です。

 

関連記事

  1. ➁ 役割に理念を 対象にビジョンを
  2. 間違いを指摘しない
  3. よい偶然を計画的に設計する
  4. 社会では全員が活躍できる
  5. ④具体的に何をするかを 考える・書く
  6. 手を止めてよく話を聞く
  7. ライフスタイルは変えられる
  8. 自立を妨げるもの

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP