Loading

ブログ

➁ 役割に理念を 対象にビジョンを

「役割に理念を 対象にビジョンを」


自分の役割を思いつくかぎり書いてください。
生まれてから時系列で書いていくといいと思います。



友人
学生
地域住民
社会人
職業人
銀行員


部下
上司
経営者


その中から、あなたの幸福にとって欠かせない大切な役割を選んでください。
代償(努力や忍耐)を払ってでも成功させたいものを選びます。
例)
・夫
・父
・職業人


選んだ大切な役割の対象を書いてください
夫 - 妻
父 ー 娘
職業人 - 顧客、社会


大切な役割においてどうありたいか・・・(理念)を定めます。
夫として
父として
職業人として


理念を実践することで、対象がどうあることを望んでいるのか(ビジョン)を思い描きます
妻には・・・あってもらいたい
娘には
顧客には
社会には

これが「役割に理念を 対象にビジョンを」です。
これがあなたの命の使い方になります。

「理念:父として社会に役立つ人間に育てる/ビジョン:娘が社会に感動や安心を届ける仕事をしている」
「理念:研修講師として内容も伝え方も一流になる/ビジョン:受講生がすぐに現場で使えて長く心に残っている」
こんな感じです。
子育ても仕事も何事も主体的になります。

「役割に理念を 対象にビジョンを」
ぜひお試しください。
「命の使い方」が見えてきます。

(Eiichi Konomi)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【積極的相互依存】講座
社会で活躍している人に共通する 3つの価値観-知識-技能 を体得することで、自身の大切な役割すべてにおいて成功を目指す人材開発プログラムです。
「相互依存の価値観」「セルフマネジメント習慣」「グッドコミュニケーション習慣」を学び、実践する2日間の研修です。

関連記事

  1. ライフスタイルは変えられる
  2. いつも成績のよい人
  3. ⑩実践する
  4. 相手の自己重要感を満たそうとする
  5. 【 積極的相互依存 】
  6. ⑧-2 大きな石から入れる
  7. 人材開発
  8. 助けを借りる

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP