Loading

ブログ

⑩-2 時間管理の上手下手 ~重要度と緊急度

立てた計画を実践できる人と、なかなか実践できない人の差は
時間管理の上手下手にあります。

時間管理が上手な人は
重要度を優先して行動している人です。
重要なことを緊急な順に実行する習慣をもっています。
重要なことを優先し、重要なことが緊急になる前に実行しているので、(第1象限・緊急で重要なこと)は多くありません。
時間の多くを(第2象限・緊急でないが重要なこと)に使っています。見込み客づくり、準備、勉強、コミュニケーション・・・

重要度と緊急度

重要度と緊急度

時間管理が上手でない人は
緊急度を優先して行動している人です。
緊急な順に行動する習慣をもっていて、緊急なことと重要なことを錯覚している傾向があります。
時間の多くを(第3象限・重要でないが緊急なこと)に使っています。
緊急なことがなくなると(第4象限・緊急でも重要でもないこと)で休憩をしています。重要なことにあまり時間を使っていません。
これでは(第2象限・緊急でないが重要なこと)に取り組めないので、時間が経過すると(第1象限・緊急で重要なこと)に追われることになります。
いつも「忙しい」と言って、実際忙しそうにしています。

週間計画、翌日の計画で立てる予定は
おそらくその大半が(第1象限)(第2象限)なはずです。
だから、週間計画、翌日の計画をしっかり立てて実践する人は、自分の役割を成功させることができるのです。

菓 英一(Eiichi Konomi)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【積極的相互依存】講座
「相互依存の価値観」「セルフマネジメント習慣」「グッドコミュニケーション習慣」を学び、実践する、2日間の研修プログラムです。
社会で活躍している人に共通する、普遍的な価値観-知識-技能「相互依存」を体得することで、自分の役割を成功させる力、自分の役割における課題解決力を向上させます。

お問合せはこちらへ

関連記事

  1. 手を止めてよく話を聞く
  2. 内省の時間
  3. いつも成績のよい人
  4. コントロールしようとしない
  5. ⑪振り返る
  6. よい偶然を計画的に設計する
  7. 小さな約束を守る
  8. 自立を妨げるもの

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP